「ベルサイユのばら」二次創作バンザイ!

先日の「ベルサイユのばら」二次創作作家になりたい話、の続きですが

実は、もういくつか構想があって、その中のひとつを少しネタばらししたいと思います。

現代版のオスカル様とアンドレの物語です。

「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」って映画をご存知でしょうか?

僕の妻はシャルロット・ゲンズブール

 

(amazon http://www.amazon.co.jp/dp/B00013F682 より)

これは、偶然にもオスカル様とアンドレの母国、フランスの映画なのですが、
シャルロット・ゲンズブールって女優さんが、映画の中でも女優のシャルロット・ゲンズブールを演じるんです。

監督は俳優でもあり、シャルロットの夫でもあり、映画でも夫役を演じるイヴァン・アタルです。(なんともややこしい)

女優の妻を愛するあまり心配で嫉妬に駆られる気の毒な夫の物語ですが、おしゃれで小粋なラブコメディー風な映画なんです。

実は私、この映画みたことが無いんですよね、ユーチューブで映画の予告を見て、
すごい気に入ってレンタルしようと出かけたのに、悲しいかなTUTAYAには、ありませんでした。

でも、映画の予告だけでも内容を想像できそうなお話です。

これって「ベルサイユのばら」のオスカル様とアンドレの現代版にピッタリだと感じて妄想が止まりません!

オスカル様とアンドレが現代で再びめぐり合い、愛し合って結婚したまでは幸せだけど、
オスカル様の仕事は女優、アンドレは一般人(まだ職業は決めていません)。

人気者のオスカル様と二人っきりになれたと思ったら、すぐにファンに囲まれて、アンドレは彼女を独り占めできない。

しかも、今度の映画の相手役は、プレイボーイで名高いジェローデル!

「あ~、心配だ、オスカルが誘惑されたらどうしよう」

とせっかく身分の差が無い時代に生まれ変わったのに悩みの尽きない悩み多きアンドレ。

そして仕事にかまけてアンドレに申し訳ないと思いながらも結局アンドレに甘えるオスカル様を描いてみたいです。

ジャズ歌手のエラ フィッツジェラルドが歌う「Lullaby of Birdland」がバックに流れてきそうな物語に出来たら最高なんですけど。

一人でこそこそ描いて、いつか完成できたらブログに掲載できたらいいなあ、とまたもや妄想中です。

見果てぬ夢よ、永遠にこおりつきセピア色の化石ともなれ!

そして「ベルサイユのばら」二次創作バンザイ!